コードとメロディ – フラメンコ・ギター(パート2) – 解説


今日は、先週プレイした内容を実演します。コードとメロディを混ぜることです。そのために、コードとメロディを混ぜていきます。

ウィキペディアによると、「メロディとは、1つの(実体のある)音として認識される音の連続である。直線的な順序で、つまり時間をかけて展開し、特定の音環境の中で独自のアイデンティティと意味を持つ」。

今回はコード・エンディングを作るためにメロディを作り、それをフリータイム、つまり拍子記号なしで行います。

次のビデオでは、その反省を踏まえて、今回のビデオで演じた内容を説明してみたいと思います。

見たものが好きなのか?

もっと見たい?